無限的我

出会いと別れにまつわるアラサー怖い話。毎日白目剥きながら生きてます。

人畜無害だと思った男が、無害ではなかった話。

 

こんばんは。

 

映画「友罪」を観に行きました。

瑛太が大好きなので。あと、内容的にも観たいなと思ってたので。

 

暗い映画だろうとは分かってましたが、想像以上に暗い。笑 まぁテーマがテーマなので。

日曜日に観るやつじゃなかった笑

元気がある時に観ないと、結構気持ち持ってかれると思います。落ち込む。

それくらい、考えさせられる。役者さんが上手かったという事。

 
そして。前回からの続き。

 

ikyungsoo.hatenablog.com

ikyungsoo.hatenablog.com

 
Tinderというマッチングアプリで偶然にも近所に住む年下の男の子と知り合い仲良くなった。


が、来月から転職し東京へ行くという事実を聞き、大ショックを受ける私。
じゃあもう会うことはなくなるし、今回で最後かも。と、ラストチャンスとばかりに思い出作りを開始。
いきなり「抱きついていいですか?」というふざけた事を真剣な顔で彼に言い、後ろからハグさせてもらった。


すると彼が、「他にしてほしい事ありますか?」と聞いてきた。


今まで何の色気もセクシーな事もなかった私達。


前からギュッとしてもらった。

一瞬の軽いハグだと思いきや。

 

 


すっげーーー抱きしめられてる。

 

 

 

 


待って、、、何この状況。


えっ?!嬉しい。ていうか、めっちゃ力強くぎゅーーってされてる。
なんかもう、、あかん。私勘違いしてしまうよ?!


でもね。

 

 

 


ちょっとすっごい苦しい、、、!!!!

 

 


息が出来ないwwwww

 


息苦しくなるくらいぎゅーーされてます。

 


めちゃくちゃ嬉しいよ。
でもめっちゃ腰痛いwww
肺が圧迫されるっていうか、息がまじでしにくいwwww
「うっ…。」ってなってたww

 


さすが、スポーツマンやで。力が強い。苦しいけど、たまらん。好きーー!!


息出来ないくらい抱きしめられるって。
歌詞やん。歌詞によくあるやつやん。
こんなに長いこと、抱きしめてくれるって、何?何で?!どういう心理状態?!
サービス?!ボランティア精神?!(何でや)
私は好きだけど、どう思ってるの?!?

 

 
結構長い事ぎゅーして、離れてから。
彼、満面の笑顔。
薄暗い中でも分かった。


可愛いぃぃぃぃ。。

 
だめだ。反則ですよ。
何者なの、この人。


もう私の胸のキュンキュンモードはギュインギュインに振り切ってしまってブッ壊れました。崩壊しました。ごめんなさい。我慢出来ません。

 

 


「ちゅーしたい。」

 

 

 

 

 


はい。言いましたーー。

 

 


言っちゃいました。
はい、アバズレです。私はアバズレ。異論ありません。認めます。


「抱きしめていいですか」だの「ちゅーしたい」だの、私は盛りきったババアか。

  

 


で、しましたよ。
まぁそうなるわな、この状況で。いい歳した男女がせん方がおかしいよな。

 


ちゅーした後、彼がボソッと。

 

 

 


「ベロ入れたらだめ。。」

 


「男になっちゃう。。」

 

 

 


きゃーーーー!!!


いいよいいよ!!バンバン男出してきなよ!!
今まで抑えてたのか?!


てか、ベロ入れたらだめ。って。。
すみません。私やってもうた。


キスって、皆さん最初はソフトにいくんですね?軽くしてから、だんだん盛り上がってくる的な?
私それ知らんかった。まじで。


はっきり言うと、元彼の影響がある。
ヤツは速攻ベロ入れてくるタイプだった。
だから私、それが普通だって思ってた。
軽く触れるようなキスなんて、キスじゃないぜ!みたいにインプットされてた。
影響って怖いねっ!

 


で、まじで無意識に彼にも速攻で私積極的にいってたみたい。
まじアバズレ。こわい。グイグイくるババアこわい。
でもさ、その方が気持ちよくない?!笑
実際、相手も乗ってきたわけやからさ!
びっくりしたみたいだけど。笑

 


ここで、重大な事に気づいた私。

 

 

 

 


ていうか、うちら付き合ってないじゃん。

 

 

 

 

  


またや。またやってもうた。

 
前回の尻軽野郎編と同じだ。
また同じ事の繰り返ししてる。
付き合ってないのにこんな事しちゃってる。


本当に、神に誓って、こんなキスまでしちゃう展開になるなんて思ってなかった。
今まで遊んでても何も起こらなかった彼と。
最初に、抱きしめたいって仕掛けたのは私なんだが。

 


抱き合いながら、「責任とって下さい」と言われた。


男になっちゃったから、責任とって下さい。とな。

 


「私ら付き合ってないよなぁ…」
「付き合いますか?」

 

 


付き合いますか!!!!

 


きたーーーー!!!!

 


告白でも何でもないけど。流れみたいなもんだけど。
付き合う事になったっぽい。

 


と、ここで。ドキドキしながらも結構冷静に考えれていた私。
気になっていた事を聞いてみた。
付き合うなら、聞いておきたい事。
これが本当なら、私は諦めるからね。深入りする前に。

 


「○君ってさ。」


「結婚してる?」

 

 

 


またまたドえらいワードをブチかました私。
ポリシーです。ハッキリ聞きます。オブラートには包みません。

 

 
「してないよ笑 何で?」
「何となく。」

 
本当に、何となく。
わざわざ郊外の分譲マンション買って1人で住んで、ずーっと何かしら忙しくしてて。 
既婚者や彼女持ちの多いTinderというアプリで出会ってるというのも。
不安と誰もが思うとおもうんだよ。


こんな近所で、すでに住んでる場所も知られている女と不倫や浮気するドアホいないとは思うんだけど。独身で家買ってる人なんて沢山いるしね。


人を疑うことは、何もしていない相手に対して失礼だし、私は疑うことは嫌い。
ハナから疑うなんて事しない。

変だな。と思った事はすぐ本人に聞く。本人に言われた事を信じる。想像だけ膨らませて、モヤモヤしたくない。

 


結婚してない。と言われたので、そっか。良かったわ。と。

 


それから、ずーーっといちゃついてたんだけど。
すみません。公園で。誰もいない見てないはずですが、外です。

 


私はちゅーだけで充分幸せ〜。
何だか、サワサワされてる。色々サワサワされてる。


やはり男になっちゃった彼。

 

 

 


胸ガッサーーーきた。

 


む、、。あかん。あかんぞ。
それは。。と思っていたら。

 

 


パンツに手ガッサーーー突っ込んできたwwwww

 

 

 

 

 


「きゃーーーー!!!!」

 

 
やめてーーー!!!それはだめ!!!
パンツインはあかん!!!
ジーパン履いてたんですね。
まさか腰から手入れてくるなんてな!!笑

 
叫んだ。
だめだ。これはストップ。
外でこれはしちゃあかんやつ。これ以上したらあかんやつ。

 
だか、彼は止めない。

  


つい先ほど、「あんまりそういうの(性欲)なくって。」

「理性が勝つっていうか。」
と話していた男は何処へいった。
おーい、理性どこいった。


2人で遊んで何もセクシーな展開にもならなかった私達が。
色々すっ飛ばした感すごい。
急展開にエロい事なっちゃってる。


無害だと思っていた彼が、無害ではなかった。めちゃめちゃ男だった。

 


当たり前なんだけど。彼もそういう面でちゃんと正常な男だったのだ。
そのスイッチを入れたのは間違いなく私。
仕掛けたのは私。それは超認める。

 


「これ以上は出来ないよ」

 


だが、ゴソゴソを止めない相手。

 


「布団でしたい。」(布団でしたいってお前。笑)

布団の上でじゃないと、本気出せないんだよ。←


「でもこの辺りホテルないやん」


そうです。住宅地だから、ないんです。
ハレンチな事する建物ないんです。タクシー飛ばさないとね。。


「○君の家は?」

 
そうだよ。超近くにあんたの家あるやん。一人暮らしじゃん??

 


「あー、今日おかんと妹来てる。」

 

 

 

 

 

 


へぇー。そっかぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


、、、、それ、ほんまに?????

 


続く。